裏表紙雑記

だらだら喋るよもやま話。

悪魔の辞典

どうも裏表紙です。

捻くれた面白い辞書パロディ本の紹介です。

bookwalker.jp

角川版は表紙が悪魔!この悪魔『バーティミアス』に出てきそうな悪魔だな、と裏表紙は勝手に思っています。魔術!って感じならハリポタに負けないとっても面白いファンタジー小説なので是非ご一読を。私はハリポタのハリーよりもバーティミアスナサニエルの方がキャラ的には好きです。

対して岩波版

bookwalker.jp

表紙がおしゃれになりました。多分読んでいてギョッとされる確率は減るでしょう。

 

裏表紙が悪魔の辞典にはまっていた時期は小6くらいですね。1番やさぐれていた時期です。当時の政治事情や文化はあまりわかっていませんでしたが、こんなに偏ってても大丈夫なんだと謎の安心感を与えてくれた本です。

悪魔の辞典の日本版としてよく挙げられるのは侏儒の言葉ですね。

bookwalker.jp

青空文庫でただ読みできますよ。

悪魔の辞典は版としていろいろなパロディが出ていて

とか

とか

があります。

 

世間に晒されて皆さん鬱屈としたものをそれなりに抱えてるのがよくわかります。

こう言った風刺ものを読んで笑い飛ばすのも一興ですね!

 

では!