裏表紙雑記

だらだら喋るよもやま話。

Scansnap ix1600 買ってしまった

どうも裏表紙です。

もういい加減書類が部屋を侵食するのにうんざりしてついに買ってしまったスキャナー。

scansnap.fujitsu.com

すごく便利です。楽ちん。

スキャナーを買ったことがなかったので設定がめんどくさそうだとか、本体はいいけど中身がクソという噂で二の足を踏みまくっていたのですが快適です。元々綺麗に紙の管理をするのが苦手で、整理を諦めて一年カゴ管理したら新年度に丸ごと捨てるを繰り返していたのですが、これからはとりあえずスキャン→現物は即捨てができるので部屋を圧迫せずに済むと思うと幸せです。

データは使用ログが残るので使用頻度で捨てるか判断しやすいのでいいですね。

OCRもスキャナーで可能とのことだったのでOCRソフトは一旦保留して本体だけお迎えしました。

価格.comで比較して¥43000代で購入です。高いよー。まあ公式オンラインショップよりは安いと自分を慰めつつ(公式は¥52800)、恐る恐るポチる。

pcでドライバをダウンロードして(低スペックpcだからかすごく遅いダウンロードでしばらく放置する)繋いであれこれやってお試しスキャンまで漕ぎつきました。あれこれがまあまあめんどくさいのは日本企業の標準仕様(笑)

スキャンはスムーズに終わったし設定さえ済めばオンラインストレージにタッチパネルからそのままポイと入れられたので文句はないです。

サイズも羽(あのパタパタしてるとこ)開いてなければ思ったより小さい。白なので圧迫感もないし、そこまで劇ダサでもありません。スキャンするのは週末にガッとやる人なので問題ないです。棚にしまえました。平日はコピー機ちゃん(canon 型落ち5000円。コピー機はインク代とエラー連発商法なので最新式はいらない。減価償却を考える。業務用は京セラが壊れないらしい)と一緒に眠ってます。

ここで予想外のお知らせ。

ScanSnap Cloudを利用してクラウドサービスに連携する場合、検索可能なPDFは、1か月に500ページまで作成できます。

現在までに作成したページ数は、環境設定画面の「アカウント」タブで確認できます。

また、検索可能なPDFに変換できなかったイメージデータは、翌月手動で変換できます。

手動で変換する手順は、イメージデータを検索可能なPDFに変換する(ScanSnap Cloud利用時)を参照してください。』by scansnapヘルプ

な、何だと。

1ヶ月500ページしかOSR無理ってそんなの聞いてませんよ?製品トップページに書いといてください。ちょっとしっかりした書籍一冊でオーバーではないですか。オーバーした分は翌月やれと?そんなばなな。過去問なんか取り込んじゃったら足りるわけないでしょうどんな購買層設定だ。

結局『読取革命』(OCRソフト)いるじゃないですかー!!!

シクシク嘆く裏表紙は金を惜しんで暫くソフト購入の様子を見ますが、皆さんもご注意ください。ふじつーのばかやろー!