裏表紙雑記

だらだら喋るよもやま話。

脳科学的には『ひらめき』って存在しないらしいよ。数学は典型題暗記だってさ。

どうも裏表紙です。

この本読みました。今日の見出しはこちらの内容から。

bookwalker.jp

あまり勉強法の本は読まないのですが、食わず嫌いもよろしくないだろうということでbookwalker(KADOKAWA直営電子書籍サイト BOOK☆WALKER│無料試し読みあり)の読み放題登録中にお試しで。

 

この間のわんこら式が孫子的な戦略の話だとすればこちらは戦術の話でした。いかにテクニックを駆使して勉強するか丁寧に技を披露してくれてる本は初めて見ました。

 

びっくりですよ。

 

自分がいかになんとなく勉強してるか自覚させられましたね。

この本の技を使えばそれは成績上がるでしょうよ。
スタンディングオベーション!!

 

手っ取り早く成績上げたければ絶対読むべし。損はさせません!
この本タイトルで損しちゃってますけど、中身はすごいので是非。

 

テクニック的な話の本なのでネタバレはできないのですが、脳科学でわかっている事実を勉強に活用してみたくなっちゃった作者が東大を再受験して医学部に入り直したのがこの本の出発点です。なので、脳機能の話や専門用語もふつーにでてくるのですがそこはふんふん流しながら読めるようなとっつきやすい文章でした。脳機能は分かったけどじゃあどうするよ、ここがこの本の最大の魅力です。めちゃめちゃ詳細に脳機能に即した具体的な方法が書いています。勉強法ってふわっとした内容の本も沢山ありますよね。この本は違います。

もうね、読めば読むほど後悔の嵐です。

あの科目が苦手だったのってこうすればよかったんじゃないの、そんな思いが次々と浮かんじゃって早く教えてよドラえも〜ん!!!ってのび太くんみたいに叫んじゃいましたね。

いや今からでも遅くない(キリッ

お勉強の無駄を無くしてサクサクレベル上げするための攻略本を手に入れた私はこれから強くなれるはずだ。

皆さんも是非攻略本を手に入れましょ!

改訂版 東大に2回合格した医者が教える 脳を一番効率よく使う勉強法